眼力社の6月、突然の雨降りに携帯傘を持っての月参り

梅雨時は参拝者もまばら。境内も参道も涼しくて歩きやすい眼力社へ6月の月参り情報。

眼力社の6月の月参り
若緑の眼力社 表示灯篭 稲荷山のアジサイ

梅雨時は人が少なめで参道も空いています

雨上がりの晴れ間を狙って。早朝はさらに人が少なく快適です。

2019年6月表参道鳥居●6月下旬 平日午前7時ごろ

日本人にとって神社はどちらかと言えば「冬のもの」という感覚があるせいか梅雨時は参拝客がかなり減ります。この時期の早朝に行けば表参道の楼門でも参道でも記念撮影ができます。

6月の稲荷山は寒くも暑くもなく、快適に登れます。最近は突然の雷雨が心配ですからぜひ天気予報を事前に調べて行く日を決めましょう。特に薄曇りの日は涼しい風が吹いて登り坂が苦になりません。

がら空きの駐車場

伏見稲荷大社は拝観料も無料ですが駐車場も無料。午前7時台に行けばご覧のようにどこでも車を止めることができます。

2頭の狐のろうそく台

若緑の木々が参道を覆うように木陰を作ってくれる稲荷山参道。もし前日まで雨が降っていたら、マイナスイオンが発生して空気がとても澄んでいます。すがすがしい気分を味わえるので、ご存知の方には人気の季節でもあります。

急な上り坂

ご覧のようにいつもは混んでいる熊鷹社前の急な坂道も空いているので後ろを気にせずご自身のペースで登れます。通常約40分の片道も10分は早く眼力さんに到着できそうです。

若緑の参道

この時期の服装は先月同様半そでで十分です。元気な外国人の方はランニングシャツで来ていることもありますが神様に失礼のないように敬意を払った装いで来ることをお勧めします。

ちなみによくお話をする参拝者のお話を伺うと、靴下や下着類は毎月新品で来るというこだわりのある方もいるそうです。きっと神様に対する自分のあり方がその後の人生に結果となってあらわれるのでしょう。

眼力さんのみどころ情報